転職前に知っておこう!

転職を考えたときに知っておくべきことがあります。

①諸手続き:
看護師は、結婚などで氏名などが変わった場合や、本籍地や住所が変わった場合にも、資格更新手続きが必要です。
看護師免許を更新する場合には、戸籍謄本などが必要になるので、事前に揃えておくことをお奨めします。
更新には、3ヶ月以上の期間が要りますので、その分早めに手続きをする必要もあります。
申請をする場所は、現在勤務している人であれば、勤務している地域の管轄にある保健所になります。
現在働いていない人の場合には、住んでいる住所の管轄保健所で申請することができます。
必要な書類は、看護師免許更新申請書、看護師免許証(コピーは不可)、戸籍謄本、印鑑などです。
更新は必要なときに必ず行っておかないと、免許が無効になる可能性もあります。

②職務経歴書の書き方とポイント:
パソコンなどを使用せずに、手書きの方が好感がもたれるようです。
自己ピーアールの最初の面ですので、印象が良い方がなにかと良いです。
働いていた科目や期間はもちろんですが、退職した理由も明記する必要があります。
マイナスイメージをもたれるようなことは避けて、自分自身のキャリアアップなどを理由付けすることが良いです。
他に、これからの方向を尋ねる欄がある場合には、これからの熱意などを伝えることが重要です。
詳しくは、看護師転職に特化した転職サイトのコンサルタントに相談することで、経験の豊富な人の、より良いアドバイスがもらえることがあります。

③面接の際によく聞かれることは:
他に面接の予定があるかの質問には、正直にあるかないかを伝えて、ある場合には、こちらの病院が第一希望であることをはっきり伝えることが重要です。
入職した場合にはどんなことを志したいと思っているかの質問には、新しい職場の方針に従って、慣れることを目指すという回答が良いです。
前向きな気持ちであることが伝わるような回答が好感をもたれます。
人間関係について、良い関係を築くにはどのように考えているか、というような質問には、相手の気持ちや立場に考慮した方向で考えるというような答え方が良いです。
更に特殊な事項の不安は、転職サイトのコンサルタントに聞いて、解決しておくことをお奨めします。

④面接の際に聞いておくべき事項は:
勤務時間の件。夜勤の回数。給与の件。福利厚生の件などです。
自分では聞きにくいことなどはサイトのコンサルタントを通して確かめておくこともできます。
また面接の折にコンサルタントが同行するケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です