増加傾向です

医療従事者の転職は昔に比べて増加傾向にあります。昔は医療関係を目指す人達は、一度自分の職場が決まったら長い期間ずっと同じ職場に留まることが常識というか、決まりきった慣習でありました。
ところが今は医療従事者自らが自分の行くべき道を決めてそれに向かって突き進むことが増えてきております。自分自身が自らの方向性を考え決定し、その結果、転職という道に向かうという状況も今ではごく一般的なアクションとなってきました。
政府の医療制度の変更に伴い、医療機関が減少し医療従事者が増加する環境下で、より自身のレベルアップを磨く為に、転職という道も選択肢の一つになってきました。転職する理由も先に述べた自分のレベルアップの為にという理由だけでなく、以下に挙げる理由も最近では急激に増加しています。それは、現在勤めている職場に不満を持っているという理由です。もっと具体的に挙げると、残業が多い、人間関係に疲れた、労働環境が悪い等が挙げられます。
こういったことは医療従事者自身の問題より、医療機関側の問題である場合がほとんどです。裏をかえせば、医療機関側で様々な労働環境の改善や医療制度の改革等を実施しなければ、医療従事者はどんどん辞めていくことになるでしょうし、歯止めをかけることもできません。
つまりこういった人達の転職を阻止する為には、医療機関もっと言うなら経営者側の意識改革が今後必要不可欠になってくるということです。
医療機関側の改善がなされなければ、医療従事者が転職をするしか現状を改善することができない、という現状をどうにかしてほしいものです。
//失敗しない!医療業界での転職のコツ//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>